イベント

2019車輪村

4月21日(日)
まだ桜が半分以上咲き残っている神石高原町の豊松小学校近辺で開催された、車とバイクのイベント【平成最後の2019車輪村】に参加させて頂きました。

神石高原町の企業様、飲食店様、青年会油木支部などを始めとして、広島トヨタ自動車(株)様など様々な協賛で開催されたイベントは、大勢のお客様、参加者の方、スタッフの方で大盛り上がりとなりました。

 

 開場前のメインステージ(左)とアトラクション会場(右)

初参加で右も左も分からないまま、土曜日にレースカー(シビックEK9)を搬入し当日に備えました。

当日は早朝に家を出発して向かいましたが、道中「あ、参加されるのかな?」という車やバイクを横目に見ながら、会場に近づくに連れ少しずつテンションが上がっていきました。

出番は、朝一番オープニング後すぐの9時10分からのトークショーでした。
沢山のお客様の前でMCシモさんにリードして頂いて、今年の参戦レースやその他活動内容等いろいろなお話をさせて頂きました。上手く話せていたのかどうか、次に向けてもう少し上達したいところではあります。

トークショーが終わってから少し緊張が溶けたこともあり、メインステージで津川哲夫さんのトークショーを見たり、フードコーナーへ出向いてみたり、D1マシンのデモランやエクストリームバイクを見たりとイベントを満喫しました。

展示しているレース車両のシビックEK9の方は、来場者の皆様に運転席に座っていただくことも可能だったため、沢山の方に座って頂くことができたと思います。
レース専用車両は、公道を走る一般車とは違い、軽量化、そして安全性も考えられているため、内装がほとんどなかったり、消火器が乗っていたりと、色んな違いを皆さんに知っていただく事ができたと思います。レースをもっともっと楽しんでもらって少しでも身近に感じて頂けると嬉しいです。

その他の写真も少し載せます。ポーランドから参戦のRafal Pasierbek選手の開場前のテスト走行(左)

 

D-1マシンと書道家のコラボレーション。書かれたのは『令和』の二文字(下右)
平成も残すところあとわずかとなりました。

 

イベントにこうして声を掛けていただいて、地元の皆様と身近に交流できる場を与えて頂けて本当に嬉しく思います。有難うございました。

お客様を始め、スタッフの皆様、参加者の皆様大変お世話になり有難うございました。お疲れ様でした。またぜひお会い出来ることを楽しみにしています。