全日本ジムカーナ選手権 Rd.3

 2021年5月16日(日)、人生で初めて正式なジムカーナ競技『2021年JAF全日本ジムカーナ選手権第3戦ジムカーナ IN TAKATA』に参戦してきました。

 JG10クラスに参戦されている殿村裕一選手とのダブルエントリーでご一緒させていただきました。

 JG10クラスはオートマチック限定免許で運転できる2輪駆動のP・PN・AE車両です。
 殿村選手の参戦車両は、ジムカーナ競技用へとセッティングされたダイハツのコペン。大幅な改造はできないため、安全装備をメインにチューニングされ、マフラーもノーマル。ライバルは、スイフトやポルシェなど。

 殿村選手があえて軽自動車でそこに参戦されるのには、勝つ事だけではなく、モータースポーツを盛り上げることに重点をおかれているからです。僕も軽自動車レースをやり続けていますし、モータースポーツへの入門として考えています。軽自動車の未来も考えたレース活動。素晴らしいと思います。

 前日の15日(土)の公開練習では、午前1本、午後1本の練習。マシンもジムカーナも初めてでしたが、マシンは癖もなく、ライバルはコースかなと考えていました。コースは、タカタサーキットの逆走をベースとしたコースでした。
 1本目、しっかりとミスコース。うん、わかってた。わかってたよ……
 2本目はミスもなく、タイムは5番手。5台中ね。あまくないね、ジムカーナ。殿村選手とのタイム差2秒。もう泣きそう。本番は明日!美味しいもの食べて、やったるぞ!という事で、地元のお好み焼き屋さんへ。

 そして、本番当日。天候は雨。レースクィーンさんや応援の方も来て下さり、こりゃ頑張るしかない!
 第1走者はゼッケン1番の殿村選手。
 前日の公開練習とはコースレイアウトも変わり、路面状況などなにも情報がないまま、アタック!見事ミスコースも無く、チェッカー。
 ダブルエントリーなので、そのまま指定場所でドライバーチェンジ。タイヤ、ほんのり温い。雨だし僕の方が確実に有利。1本目、慣れないジムカーナ。さっきまで慣熟歩行で歩いていたはずなのに、緊張であれ?どーだっけ?……そのままスタート
「パイロンをこっちから入って……ここは、こっちから……』と思い出しながら走るあたり素人。結局、最後のパイロン1本を入り方間違えてミスコースでノータイム。2本しかない貴重な走行なのに、悔しい……
 2本目のために集中。他の人の走りみて頭に入れ、午後の走行に備える。
 殿村選手の2本目。クラス3番手を記録。表彰台圏内は流石です。
 僕の2本目。前半セクションは、車の限界はもっと高いはずなのに少し慎重になりすぎました。後半セクションはミスもなくチェッカー。

 クラス5番手。悔しい……。でも、この経験が次に繋がるし、繋げていかなければ。もっと上手くなりたい、という想いでいっぱいです。技術、経験が足りないなと素直に思えます。
 殿村選手は3位表彰台おめでとうございます!殿村選手はとにかく上を見ておられます。絶対に近いぐらい勝てない車種のライバルにも『タイム差が開きすぎるとカッコ悪い!もう少しつめないと!』と。

 殿村選手とその後のやりとりで、四国ラウンドもお誘いを頂き、参戦が決定しました!四国はさらにパイロンのみのジムカーナになりそうです。しかし、殿村選手の走りも見る事ができるし、勉強しようと思います。

殿村選手の記事

タイトルとURLをコピーしました